法人案内
ダイバーシティへの取組み

障がい者活躍推進

マッサージルーム"里楽庵"

2009年10月、東京事務所内に、視覚に障がいを持つマッサージ師によるマッサージルーム里楽庵を開設しました。
のべ1万人以上の社員・職員が利用し、2015年11月からは1人増員し、3人体制で対応しています。

里楽庵

要約筆記

要約筆記 聴覚に障がいを持つ職員のため、話し手の言葉をテキスト化しモニターに投影する要約筆記を行っています。
的確な情報伝達と円滑なコミュニケーション推進のため、社内ボランティアが一役かっています。

募金活動

募金活動 視覚に障がいを持つ方のため、盲導犬育成の募金活動を行っています。盲導犬と共に活躍できる社会を目指し、法人内からの善意が集まっています。


デフリンピックで活躍する稲村藍さん

稲村藍さん

新日本有限責任監査法人に勤務する稲村藍さんは、デフバスケットボール(聴覚障がい者によるバスケットボール)の選手としても活躍しています。
2015年7月に日本代表選手として「世界デフバスケットボール選手権」に出場しています。

(稲村藍さんからのコメント)

みなさん、デフバスケットボールをご存知ですか? "DEAF"とは"耳の不自由な"、つまり聴覚障がい者によるバスケットボールを意味します。
私とデフバスケットボールの出会いは、2013年に地元チーム"千葉フラッターズ"の「バスケ交流会」に参加したことがきっかけとなります。 初めて参加した東日本大会で敢闘賞を頂き、2014年3月ミミリーグ(全国デフバスケットボール大会)で得点10位入賞し、日本代表強化選手に選ばれました。そして、2014年4月からは日本代表強化合宿がスタートし全国から集まった選手たちと練習を重ね、最後まであきらめずに練習した結果、日本代表に選ばれました。
今後も応援よろしくお願いいたします!