法人案内

EY Japanがケネディ駐日米国大使を招いたカタリスト主催インクルーシブ・リーダーシップ・イベントを協賛

2015.10.06

イベントの様子EY Japanは、8月31日(月)に開催されたインクルーシブ・リーダーシップ・イベントにキャロライン・ケネディ駐日米国大使をお迎えしました。本イベントは、半世紀以上にわたり女性の活躍推進に取り組んできた国際的な非営利団体カタリスト*1により主催され、EY Japanはこれに協賛しました。

ケネディ大使は、日本における男女共同参画の重要性について講演されました。政府等主催の「女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム(WAW!2015)*2」のため来日中のカタリストのプレジデント兼CEO、デボラ・ギリス氏からは、女性の活躍推進のためにカタリストが展開してきた国際的な取り組みについてご紹介いただきました。EY Japanの英公一エリアマネージングパートナーは、開会挨拶で、ダイバーシティとインクルーシブネス(D&I)がビジネスに与える影響について語りました。カタリストのメンバー企業やEY Japanの構成員、約100人が参加しました。

イベントの様子
*1 カタリスト(http://www.catalyst.org/ CATALYSTウェブサイトへ )は、1962年に設立され、女性のキャリア推進とビジネスの発展をグローバルにリードする国際的な非営利団体です。800超の会員企業をアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、インド、オーストラリア、そして日本に擁しています。カタリストとEYは、EY会長兼CEOのマーク・ワインバーガーがカタリストのボードメンバーに就任するなど、長年にわたり強固な関係があります。
*2 「女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム(World Assembly for Women in Tokyo, 略称: WAW! 2015)」は、政府が掲げる最重要課題の一つである「女性が輝く社会」を実現するための取り組みの一環として、政府等の主催で8月28日(金)~29日(土)に東京で開催されました。約40カ国、8国際機関から約150人の女性分野で活躍するトップ・リーダーが出席し、日本および世界における女性の活躍促進のための取り組みについて議論しました。
WAW! 2015 の詳細は外務省ウェブサイトを参照ください。
女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム
World Assembly for Women in Tokyo: WAW! 2015
外務省ウェブサイトへ