企業会計ナビ
棚卸資産

後入先出法

(あといれさきだしほう)

後入先出法とは、最も新しく取得されたものから棚卸資産の払い出しが行われ、期末棚卸資産は、最も古く取得されたものからなると見なして、期末棚卸資産の価額を算定する方法をいいます。棚卸資産会計基準においては、棚卸資産の評価方法として認められていません。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?