業種別会計
証券業

第4回:有価証券関連業の会計処理・表示の特徴

2011.04.15
新日本有限責任監査法人
証券業研究会 木村嘉浩/本間正彦

4. 有価証券関連業の会計処理・表示の特徴

証券会社の財務諸表は、有価証券関連業という特殊な業種に属する貸借対照表および損益計算書を表しています。そのため、一般事業会社とは異なる特殊な勘定科目および会計処理を用いて作成され、「統一経理基準」において有価証券関連業固有の勘定科目とその内容および計上基準が具体的に規定されています。損益計算書における大きな特徴として、有価証券の売買等に係る「トレーディング損益」や信用取引およびレポ・現先取引等に係る「金融収益」および「金融費用」が営業損益項目に含まれます。

主な有価証券関連業務と貸借対照表/損益計算書の関係は以下のとおりです。なお、ここでは概観を簡便的に説明していますので、すべての勘定科目との対応を網羅しているわけではありません。

図

(週刊 経営財務 平成22年11月1日 No.2989 掲載)

証券業

情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?