アドバイザリー

事業継続計画(BCP)・事業継続マネジメント(BCM)支援

トピックス


主なサービス

自然災害、テロ、事故、システム障害などのリスク発現時に、業務を中断させることなくすべての業務を通常時と同様のレベルで継続していくことは、容易なことではありません。業務の中断による企業の損失を最小化するには、限られた経営資源で最低限の事業活動を継続する、もしくは目標とする復旧期間内で業務を再開することが求められます。そのためには、適切な「事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)」を策定した上で、有効な「事業継続マネジメント(BCM:Business Continuity Management)」を実施することが重要です。

<BCP策定からBCM構築までのイメージ>

BCP策定からBCM構築までのイメージ

私たちは、EYのグローバルネットワークから得られる豊富なノウハウを駆使し、各企業の実態に合わせて、BCPとその一連のサイクルを管理するBCMに関する以下のサービスを提供します。

  • 事業継続計画(BCP)評価サービス
    現在、既にBCPを導入されている企業に対し、リスクの網羅性、事業への影響度分析、継続すべき業務の優先順位、組織横断的な行動手順などの計画について、その有効性を評価します。
  • 事業継続計画(BCP)策定支援サービス
    BCP策定を検討されている企業に対し、事業戦略や業務内容に基づき、実効性のあるBCP策定に向けた支援をします。
  • 事業継続計画(BCP)浸透・定着支援サービス
    BCPの組織への周知徹底を目的とした従業員教育の実施、テストの実施などにより、その実効性を検証します。
  • 事業継続マネジメント(BCM)支援サービス
    実際にBCPを管理・運用していくなかでのさまざまな課題、例えば、大規模な組織再編やITインフラの変更への対応、他の危機管理文書との統合や整合性確保、実効性のあるテスト計画の策定や実施などに関連し、BCMの有効性を高めるための各種の支援をします。