アドバイザリー

財務プロセス改革

激変する市場環境の中で、経理・財務部門は経営の中枢としての機能を要求され、高付加価値化、効率化への変革が求められています。

私たちは、企業が適正な財務報告ができるようにするとともに、グループの業績や企業価値の向上に貢献するための経理・財務部門改革を支援します。
具体的には、決算の効率性向上や決算早期化を図る支援として次の各項目を含みます。

  • 単体 / 連結決算プロセスの再構築
  • 会計データを取り巻く業務プロセス改革
    (原始データ作成プロセスまで遡った会計情報生成プロセスの改革)
  • 連結会計システムの改善
  • グループ標準会計システム導入に向けた業務要件定義
  • グループ内の会計処理基準統一
  • 経理規程 / ルールなどの再定義
  • 規程・マニュアルなどの整備 ほか

また、職務分掌による内部統制の強化、業務の標準化・統合化を通じたグループ全体のガバナンスの再構築、業務マニュアルなどを通じた業務の可視化、あるいは経理・財務業務のコスト・品質・スピードを向上させるための手段としてのシェアードサービス導入の支援もします。
上記支援内容の具体的な対象項目(一般モデル)は下記の図表をご参照ください。

支援対象項目