アドバイザリー

業績評価/管理会計

業績管理制度は、企業全体および事業の目的実現に貢献し、経営者の意思決定に資する情報を提供することに使命があります。そして、いかに優れた戦略があっても、その実行と必要な軌道修正を行える仕組みがなければ意味がありません。
戦略を確実に実行するためには、戦略を機能からチーム単位まで展開する実行計画に落とし込むと同時に、それが実行できたかどうかを測る適切な重要業績評価指標(KPI: Key Performance Indicator)を設定し、継続的にモニタリングすることが重要です。
私たちは、企業や事業の戦略を前提に、バリューチェーンおよび各部門のミッション / ビジョンの把握、戦略を実現に導く重要成功要因やその実現を阻害するリスクおよび重要課題の分析を踏まえながら、業績評価基準や経営意思決定情報を提供する仕組み構築の支援します。

また、単なる経営意思決定情報の提供のみならず、組織のパフォーマンスを最大化させ目標実現に貢献する業績管理サイクル(PDCAサイクル)を円滑に循環させる各種制度 / 仕組みの構築も支援します。
さらに、財務会計と管理会計の最終報告値での一致を保ちながら、業績管理データ収集 / モニタリングに向けたIT導入にかかる業務要件の定義の支援もします。具体的な支援の内容は次のとおりです。

  • 連結管理会計制度構築
  • 業績評価指標 / 基準、PDCAサイクルの仕組み構築
    (例:戦略実行のための戦略マップおよびバランススコアカード構築・導入)
  • 連結 / 単体予算編成制度ならびに編成プロセス再構築
  • 原価と収益性分析および原価計算制度再構築

業務管理のフレームワーク