アドバイザリー

サプライチェーン最適化

激しく市場が変化するグローバルかつ競争の時代にあって、在庫の適正化、リードタイムの短縮化、納期遵守など、サプライチェーン最適化への期待は急速に高まっています。私たちはキャッシュフローと財務指標の改善を図るために、需要予測・受注・購買・生産・出荷に至るまでの物流管理・情報管理にかかる社内組織、拠点配置、業務プロセスの改善を通じてサプライチェーンの最適化を支援します。

サプライチェーン戦略上の改革ポイント

サプライチェーンクイック評価

サプライチェーンを最適化するためには、自社の現状を正確に把握し、事実に基づいてサプライチェーン戦略を策定することが重要です。そのために、自社の状況(財務状況、競争力など)や、市場の魅力度(ポテンシャル、成長率など)、競争構造(寡占度、競合数など)などサプライチェーン全般にわたって定量的かつ定性的な観点からサプライチェーンプロセスを分析し、課題を明確化して改革の方針策定につなげます。
具体的には、企業のサプライチェーンプロセスについて、リーディング・プラクティスとの比較により評価し、課題の抽出と改善提案を行います。この結果、企業は社内および社外の顧客からの重要な要望を明確に把握することができ、また、重要な成功要因を特定し、全体的な戦略目標を支えるための達成目標を策定することができます。

サプライチェーン最適化支援

サプライチェーン最適化支援

サプライチェーン改革

サプライチェーン改革では、現状分析で得られた情報と明らかになった課題から新しいサプライチェーンのモデルを作成するために必要となる要件を整理し、戦略の策定、改善・定着化を支援します。サプライチェーン戦略の策定においては、サプライチェーン全体を可視化すること、計画を同期化すること、計画を継続的に立案・見直しができるようにすることがポイントになります。
下表のように、サプライチェーン戦略ではROAなどの到達目標を定め、目標達成に向けた改革の方針をより具体的なロードマップにおとします。
また、サプライチェーンを改善・定着化する際には、計画立案業務、プロセス改善、サプライチェーン情報の可視化など、具体化された改善施策の実行を支援します。その後は、改善された業務が継続的に実施されるように、組織体制の整備、人材の教育、PDCAサイクルの仕組み構築を支援します。

サプライチェーン改革