リスクアドバイザリー

アナリティクスとカスタマーエクスペリエンスによる顧客との信頼関係構築

2016.07.07

21世紀のテクノロジーによってもたらされた恩恵を、顧客は進んで利用しています。顧客は購買の意思決定に必要な情報を以前とは比較にならないほど持っており、簡単に他社に乗り換えられるため、企業にとって顧客のロイヤルティを維持することはこれまで以上に困難になってきています。

今回、EYとForbes Insightsは、企業が顧客との関係を管理するためにどのようにデータやアナリティクスを活用しているか、消費者が簡単に比較し他社に乗り換えることができるデジタル環境が拡大している世界でどのように顧客ロイヤリティを維持していくかといった課題に対し、共同で調査を行いました。

本資料では、以下の4つの主要な課題について視点を提供します。

  • 企業は顧客をより深く理解するために、アナリティクスをどのように活用するのか?
  • 企業は顧客との長期にわたる信頼関係をどうやって構築できるのか?
  • 企業は顧客が必要とすることを、押しつけがましくなくサポートするために、どうやって顧客データを活用することができるか?
  • マーケティング担当者は、「私たちはあなたを知っているし、あなたのどんな決定にもお役に立ちたいと思っている。」と顧客に伝えるために、どうやってアナリティクスを一貫して活用することができるか?

アナリティクスとカスタマーエクスペリエンスによる顧客との信頼関係構築
アナリティクスとカスタマーエクスペリエンスによる顧客との信頼関係構築

上記も含め、EY発行のジャーナルはこちらをご覧ください。

情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?