サービス

サイバーフォレンジック調査

侵入経路等の実態解明

サイバー犯罪が検知された場合、調査で全容を解明せずに即座にシステムを修復してしまうと、修復部分以外は露出された状態となり、さらなるサイバー犯罪に晒される危険があります。

したがって、調査によるネットワークへの侵入経路等の実態解明が極めて重要となりますが、この種の調査ではデバイスに残ったわずかな証拠をつなげて推測するのが一般的で、わずかな痕跡も見逃さない技術と経験が要求されます。

EY Japan FIDSのデジタルフォレンジック専門家は、サイバー攻撃のパターンや記憶媒体中のデータの論理的な格納方法(ファイルシステム)等に精通しており、自動化されたフォレンジックツールでは発見できないような複雑な事案にも対応します。


EY Japan FIDS のサービス

  • Cyber Forensic Investigation (サイバーフォレンジック調査)
  • ITインフラの改善支援
  • 再発防止策立案支援