サービス

第14回 不正行為グローバルサーベイ

2014.11.17

「企業の不正行為と問われる個人責任」
幹部の誠実性に焦点を当てたグローバルなエンフォースメント

EYのメンバーファームである新日本有限責任監査法人は、EYが実施した「第14回不正行為グローバルサーベイ」の調査結果の日本語版を公表しました。

本サーベイは、不正・不祥事・コンプライアンスに特化したサービスラインであるFIDS(Fraud Investigation & Dispute Services)が62カ国、2,800名を超える大手企業のCFO、COO、内部監査部門責任者、法務部門責任者などの上級経営幹部を対象に2年に1度、実施しております。

このサーベイ結果をご希望の方は、「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。
なお、お申込みは企業において関連業務に従事する方に限らせていただきます。あらかじめご了承ください。